独り身の時に購入したマンションが、結婚を機に二人で住むには狭くなった…って人も多いと思います。
それに今後のことを考えると、家族が増える可能性が高いですから、結婚を機にマンション売却して、一戸建ての家の購入を考えるでしょう。
既に購入してるマンションを売るのですから、売れたお金を一戸建ての家の費用にしようと考えてるかもしれません。

確かにそうすれば、マンション売却で入ったお金が、まるごと一戸建ての資金になるので、住宅ローンなどの返済が楽になるかもしれません。
しかしここで間違えてはいけないのは、順序になります。一戸建てを購入するのであれば、とてもお金が必要になりますよね?
幾ら結婚前にマンションを購入できたと言っても、その物件より一戸建ては高いっていう状況のほうが、一般的には多いと思います。
そうなれば、先にマンション売却をしてしまっても、その時の相場で金額は変わりますので、一戸建てを一括で購入できる金額ではないかもしれません。
それに運良くマンション売却できても、まだ一戸建ての家を建築中であれば、住む家が無くなってしまうことになります。
そういったことを考えれば、マンション売却は家が出来たからのほうがいいかもしれません。

家を建てるときは、条件はありますが住宅ローンを組むことができます。
だからまずは、住宅ローンで組んでおいて、マンション売却が出来たときに、ローン返済に持ったいったほうが、今後の返済は楽になると思います。
順序よく対応することで、自分たちの負担は削減できるので、購入したマンションから新築の家に引っ越すなら、こういった順序で対応したほうがいいと思いますよ。

情報サイトへ

売却するつもりの一戸建てをお持ちならこちらの不動産会社はとても力になってくれます[株式会社福屋不動産販売]